• Harenosuke

【ハレオフィス新大阪】オーナーからご挨拶

最終更新: 2月7日


【はじめまして。ご挨拶させてください。】


私は「ハレオフィス新大阪」オーナーの髙橋と申します。

ハレオフィスのブログ開設にあたり、ひと言ご挨拶申し上げます。




ハレオフィスの特徴は「その日オフィス、ときどきホテル」が表現するとおり、

オフィスでもホテルでも、ボーダレスにその空間を利用していただけます。


仕事場としてテレワークをしたり(=コワーキングスペース)

仕事仲間とミーティングや作業をしたり(=ミーティングスペース・会議室)

個室オフィスとして仕事の拠点にしたり(=レンタルオフィス)

好きなタイプの「オフィス」として使ってもらうことから始まり


ラウンジでは異業種交流会のようなご利用者同士のコミュニケーションがあり、

そこで仲間になって新しい人間関係や仕事が生まれたり、

ただ会話して笑い合うだけの時間と場所にしていただいたり。


「つながり」や「共有」「共感」「元気」「笑顔」が生まれる場所にしたい。

ご利用される皆さんが「ここが自分の居場所」と感じていただける

そんな“特別な場所”にしていただきたいと期待しながら、ハレオフィスを作りました。


【多彩なプランをご用意してお待ちしています。】


ハレオフィスはもともとマンションとして建築中だった建物を

髙橋ホテルズが買い取り、レジデンシャルホテルとして運営してきました。

ですから、1棟まるごと全てがハレオフィスです。

また、ホテルの機能を残したまま、オフィスにしていますので、

「今日はこのまま泊まっていこうかな」も可能です。


新大阪に拠点が欲しいビジネスパーソンだけでなく、

大阪以外の地域にお住まいの経営者の方

フリーランスでいろんな拠点が欲しい方

オフィス以外で、じっくり戦略を立てたい管理職の方

家事や子育てに忙しく、どこか別の居場所が欲しいママやパパ


あるいは、

グループで企画や戦略会議を立てたいとき

ホームパーティのように、みんなで集まりたいとき

ふだんはテレワークだけど、月1はチームメンバーで顔を合わせたいとき

どんな目的で、どんなふうにハレオフィスを使うかは自由です。


料金は、いろいろ使えてリーズナブルなパッケージプランも用意しました。


【『ハレオフィス』に込めた想い】

ハレオフィスの「ハレ」には私のこだわりがあります。

『古事記』には穢れ(ケガレ)を祓ったことにより、

日本人の祖先となる神々が生まれたという一説があります。

そして、この穢れ(=ケ)を祓う神聖な儀式を行うのが「晴れの日」(=ハレ)です。

私はこの「ハレ」と「ケ」の関係性にいたく共感し、

ハレオフィスでお客様に「ハレ」をご提供できたら素敵だなと思っています。


今の時代、「ケ」というのは人間関係のしがらみ、足の引っ張り合いなどなど、

心がすり減り、頑張るパワーも枯渇してしまうようなストレスが山のようにあるはずです。

日頃から心に澱のように溜まっていくそんな「ケ」を禊ぎ落とし

リフレッシュ&リセットすることができたら心は軽くなるはずです。


そのキレイになった「ハレ」の気分を纏い、笑顔でハレオフィスを後にしていただきたい。

そう思うのです。


佇まいがなんとなく「大人の秘密基地みたいやな」と私は個人的にはそう感じており、 「今日は秘密基地に行こう」と、 そんな気持ちで足を運んでいただいても面白いなと思っています。


誰も知らない秘密基地で、心穏やかな時間をお過ごしください。

ハレオフィスはいつでも、

お客様にとっておきの居場所をご用意してお待ちしております。

48回の閲覧0件のコメント